プロミス上映会

プロミス

- STORY -
『プロミス』は、3人の監督の1人であるB.Z.ゴールドバーグの、パレスチナ自治区や彼もこれまで訪れたことのなかったヨルダン川西岸のユダヤ人入植地、そして彼が育った。エルサレム近郊への旅を追ったドキュメンタリーである。
1997年~2000年までの3年間、パレスチナ・イスラエル双方の子ども達7人を取材した。彼らはそれぞれ全く違う家庭環境、社会環境の中で暮らしている。エルサレムで成長し、やがて大人になっていく7人がそれぞれに自分の物語を語る。
ユダヤ人の双子の兄弟、ヤルコとダニエルはパレスチナ人の少年、ファラジのポラロイド写 真を見て、彼への興味がピークに達する。そして、ゴールドバーグに「会ってみたいな」と持ちかける。しかし、ファラジはイスラエル人の子どもと会う気はまったくなかった。
だが「今までイスラエル人に私達パレスチナ人の境遇を説明した子どもがいる?いないでしょ」と、同じパレスチナ人の少女、サナベルの呼びかけにより双子と会う決心をする。
そしてファラジはこの会合のイニシアティブを自らとり始める。
双子は難民キャンプを訪れる。彼らはキャンプが迎えた初めての「あちら側の人間」だった。子ども達みんなで食卓を囲み、サッカーをして遊ぶうち、彼らの距離が縮まってゆく。しかし、物理的、文化的な遮断の前に歩み寄りたいという子ども達の願いは叶わず、友情の約束はつかの間の出来事として終わる。
この会合から2年ほど経った映像がエピローグに使われている。成長した彼らは、穏やかだが正直に「あちら側の人々」について自分なりの考えや、また双方が一同に会する可能性、将来の夢などを語る。

 

今、戦争が起きるかもしれない現状においても、多くの人は自分の生活と離れたところにその問題を置いていると思う。身近の問題として感じられるのは極端な話し、石油の値段くらいであろうか。戦争の犠牲になろうである土地には自分達と同じように生活を営んでいる人たちが存在し、そこには確かにかけがえのない子供達がいる。しかし、私達は彼らのことを自分達と同じ様に感じられているのだろうか。まずは知ることが人々を孤立から救う手段だと思います。アメリカのイラク攻撃など、今、中東情勢が話題になっている現状だからこそ、この作品を取り上げる意義があるのではないでしょうか。この作品は文部科学庁推薦作品であり、ぜひとも多摩市の多くの親子に見て欲しい。

*「プロミス」公式ホームページ:
  http://www.uplink.co.jp/film/promises/index.html

 
★日時:2003年4月13日(日)
 
1回目 11:00~12:44(保育有り:要事前申し込み)
2回目 13:00~14:44
3回目 15:00~16:44
 
★会場:ベルブホール(ベルブ永山5F)
 
★料金:
大人(高校生以上) - 前売り 800円 当日 900円
小人(中学生まで) - 前売り 500円 当日 600円
 
★チケット販売: 3月24日より発売開始
販売所:永山公民館、くまざわ書店(聖蹟桜ヶ丘店、永山店)
    啓文堂書店多摩センター店
 
★上映会レポート:
上映会当日のレポートはここです。
 
★お問合せ先:TAMA映画フォーラム実行委員会
 〒206-0025
 東京都多摩市永山1-5 ベルブ永山内
 TAMA映画フォーラム実行委員会 「プロミス」上映会係
 TEL 042-337-6661